今、ITエンジニアに必要な5つのスキル

 リーマンショック以降、下火であった採用数は確実に増加傾向にあります。ソーシャルゲームやWeb業界から、コンサルティングファーム、ITベンダ、SI企業へもその傾向は広がり、クラウド、ビッグデータ、タブレット上でのソリューションというキーワードで盛り上がりを見せています。今後求められるのは単体のサービスではなく、クロスファンクションでの高付加価値のサービスになっていくと予想されます。

 そんな中、ITエンジニアに求められるスキルとして、下記のものが挙げられます。

・高い技術スキル、技術トレンドの知見
・プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力
・クリエイティブな感覚、もしくはビジネス的な感覚
・周囲を巻き込む力(開発者以外を巻き込む力)
・特定領域の業務知識、非ITの知見

 これらのうち何か1つではなく、複数の専門性やポテンシャルがあるかどうかが、企業の評価につながっていると感じます。

 今後、新たな環境での飛躍を考えているITエンジニアの方には、BtoBであれBtoCであれ、自社サービスや製品を持つ企業がいいかもしれません。技術を目的にするのではなく、技術を使ってどのように製品やサービスを良くしていくかという感覚は、これからのITエンジニアに求められる資質だと思います。

 例えば、「技術者として良いものを作りたい」との希望を持ち、SI業界からコンシューマ向けのWebサービス会社へ転職した20代後半のITエンジニアがいました。転職前は顧客との折衝が主なタスクであり、“限られたリソースでいかに収益を確保するか”ばかりが求められていましたが、転職後は技術にかかわる時間も目的も大きく変化したそうです。良いものを作るためにITエンジニア同士が議論し、切磋琢磨できる環境で、日々自分の成長を感じているとのことです。

 企業の期待値に合わせるように、現在のITエンジニアのキャリアパスは幅広くなっています。ご自身の強みをしっかりと分析した上で、さらに何を得たいのかを明確化することが重要だと思います。即戦力を望む企業と新たなキャリアを望むITエンジニアとの間には、必ずミスマッチが生じます。それを少しでも減らすため、「今後目指すものは何か」「なぜそう考えるのか」「そのために今足りているものと足りていないものは何か」を見つめ直した上で、さまざまな機会を持つことをお勧めします。

本コラムの掲載サイトはこちら

テクノブレーン株式会社 IT系人材コンサルタント碣石浩二

本コラム執筆者 テクノブレーン株式会社 IT系人材コンサルタント碣石浩二


2013-07-11 | Posted in コラムComments Closed 

関連記事